◎開催概要(WEB公開・現地開催)

1.開催形式

【WEB公開】2024年7月5日(金)~8月20日(火)《予定》
【現地開催】2024年7月18日(木)~7月20日(土)
【オンデマンド配信】2024年7月23日(火)~8月20日(火)《予定》
※シンポジウム、パネルディスカッション等は現地開催に加え、後日、オンデマンド配信を行います。(一部、配信されないセッションもございます。)

2.参加登録

  • 参加登録は「オンライン」のみとなります。現地での参加受付はございません。
  • 現地参加予定の方は事前にご登録をお願いいたします。
    (会期中もWEBにて受付中)
    ※参加登録はこちらからお願いします。

3.参加受付

【参加証】
現地参加予定の方は、参加登録システムのTOP画面より「参加証」をダウンロードの上、ご来場ください。

【受付方法】

  • 参加証に記載されている「 QRコード」を現地の読取機にかざしてください。
  • 受付時に参加証を入れるパスケースをお渡しいたしますので、各会場への入室時にご提示ください。

【受付場所】

  • 第1会場 入り口前(カクイックス交流センター 1F 県民ホール ホワイエ)
  • 第8会場 入り口前(宝山ホール 1F メインホール ホワイエ)

4.企業展示

【展示場所】
カクイックス交流センター
(2F:中ホール、2F:展示ロビー、1F:県民ホール・ホワイエ)

【開催日時】
7月18日(木)13:00~17:30
7月19日(金)9:00~17:30
7月20日(土)9:00~16:00
  
【会場レイアウト】
準備中
  
【出展企業・団体一覧】
フクダ電子株式会社・レジデンシャルマネジメント株式会社・株式会社バイオデザイン・株式会社高研・アコードインターナショナル株式会社・コヴィディエンジャパン株式会社・フクダコーリン株式会社・栄和産業株式会社・アルケア株式会社・コーケンメディカル株式会社・GEヘルスケアジャパン株式会社・株式会社ヴァイタス・日本シグマックス株式会社・吉田製薬株式会社・株式会社ネクサスエージェント・カールストルツエンドスコピージャパン株式会社・株式会社東京ミライズ・株式会社リコー・日本光電工業株式会社・KAZEN WLD株式会社・STS株式会社・日本ストライカー株式会社・株式会社金海堂・三井物産エアロスペース株式会社・アイエムアイ株式会社・オーソクリニカルダイアグノスティックス株式会社・ペンギンシステム株式会社・公立豊岡病院組合・株式会社フィリップスジャパン・日本ライトサービス株式会社・日本船舶薬品株式会社・日本スリービーサイエンティフィック株式会社・JDR医療チーム・JCPA農薬工業会・日本移植学会・株式会社ベルリング(順不同)

5.プログラム・抄録集

プログラム・抄録集は会員に送付いたします。現地会場にてプログラム・抄録集(1冊1,500円)の販売をいたしますが、部数に限りがありますので、予めご了承ください。また、ミニプログラム集を現地会場にて来場者に配布いたします。

6.ランチョンセミナー

ランチョンセミナーは整理券制です。以下の場所・日時で配布される整理券は先着順とし、なくなり次第終了とさせていただきますので予めご了承ください。整理券はセミナー開始後、無効となります。

【配布場所】
カクイックス交流センター 1F 県民ホール ホワイエ
〈ランチョンセミナー①、ランチョンセミナー②、ランチョンセミナー⑤〉

宝山ホール 1F メインホール ホワイエ
〈ランチョンセミナー③、ランチョンセミナー④〉

【配布日時】
7月19日(金)8:45~11:00 ※無くなり次第終了
7月20日(土)8:45~11:00 ※無くなり次第終了

7.市民公開講座

セッション名日時会場
フクダ電子西部南販売株式会社共催
新しい心肺蘇生教育手法の展開
7月20日(土)10:30~12:00第16会場
鹿児島市中央公民館
HealthcareBCPコンソーシアム共催
頻発・激甚化する水害等自然災害と病院などのBCP
7月20日(土)13:30~15:00第16会場
鹿児島市中央公民館

8.感染症対策

ご参加の皆様におかれましては、ご所属機関の規定やご自身の体調などを鑑みた上で、ご来場くださいますようお願い申し上げます。会場内ではできる限りマスクのご着用にご協力ください。

9.その他

  • 会場内での録音・写真撮影・ビデオ撮影は,固くお断りいたします。
  • 会場内では,携帯電話を必ずマナーモードにしてください。その他,電子機器(PC,タブレット端末など)についても,会場ではディスプレイの明るさを落としてご使用ください。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
  • 講演中も貴重品は常に携帯いただき,盗難には十分ご注意ください。
  • 今回の学術集会は、救急医療に関わるすべての職種の方々が自由な雰囲気で意見交換できることを目指しています。また、会期中は梅雨の末期にあたり、高温多湿が予想されますので、ぜひ、ネクタイやスーツではなく、涼しい平服でご参加ください。

◎併設コース

日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)による
母体救命コースベーシックコース(救急科向け・プレホスピタル版)

J-CIMELS(Japan Council for Implementation of Maternal Emergency Life-Saving System)は2015年に設立され、我が国の妊産婦死亡の一段の低下を目指して活動しています。あらゆる職種の周産期医療関係者に標準的な母体救命法を普及させることを目的として、母体救命システム普及のための講習会の企画・運営を最重要活動と位置付けています。妊産婦死亡についての情報は、「母体安全への提言」(webに掲載)に母体救命のための提言が示され、妊産婦死亡に関する統計も毎年更新されています。
午前には救急外来で働く医師や、救急室専従看護師、病院勤務の救急救命士を対象とした救急科向けベーシックコースを開催します。産婦人科スタッフがいない状況で、救急室に妊産婦が来院した時に、何を注意すべきか、どのような情報を産婦人科スタッフに伝えるか、そして産婦人科スタッフが来るまでの間どのように初期対応を行うか、について、講義、スキル実習、シナリオ実習を交えて約4時間のパッケージを組んだものです。
また、午後には主に救急救命士や救急隊員を対象としたプレホスピタル版ベーシックコースを開催します。令和5年3月30日に発出された救急活動プロトコルについての通知(https://www.fdma.go.jp/laws/tutatsu/items/20230330_kyuuki_01.pdf)の中でも、子宮左方移動や妊婦の心肺蘇生などに習熟することが記載されました。産婦人科不在の状況で妊産婦の救急診療を行う場面での手技や現場活動に習熟し、より多くの母体救命につなげていくことを目標とします。こちらも講義、スキル実習、シナリオ実習を交えて約4時間のパッケージになります。

開催日時2024年7月18日(木)
★救急科向けベーシックコース 10:00 〜 13:45
★プレホスピタル版ベーシックコース 14:15 〜 18:00
会場カクイックス交流センター 4階 中研修室3(第7会場)
受講料各コース10,000円

コースアジェンダ:

  1. 事前学習動画(各コース共通)
    J-CIMELSと京都プロトコールの概要、産科救急病態の基礎、分娩介助の基本
  2. 対面講習
    • オリエンテーション
    • スキルトレーニング(各コース共通)
      分娩介助体験、新生児蘇生の基本、子宮左方移動等
    • シナリオトレーニング
      (救急科向け)妊婦の救急外来診療、妊婦の急変対応、急速遂娩と過多出血
      (プレホス版)現場対応ケーススタディ、妊婦の急変対応、墜落分娩と異常出血

問合せ先: J-CIMELS事務局 jcimels@gmail.com

第18回 小児病院前救護トレーニングコース現地開催

第27回日本臨床救急医学会・学術集会に併設し、救急隊員を対象とした小児病院前救護トレーニングコースを開催いたします。
多数の救急隊員の方にご参加いただけますようご案内いたします。

開催日時2024年7月19日(金)13:30〜17:00
開催時間3時間半コース
開催形式現地開催
開催場所カクイックス交流センター 第7会場 4F 中研修室3
定員20名程度(定員に達し次第、締め切ります。)
費用5,000円(但し、第27回日本臨床救急医学会総会・学術集会への参加登録は必要)
主催日本臨床救急医学会 小児救急委員会
参加方法以下参加フォームからの事前登録が必要。
https://forms.gle/PMrPXXE3sTHJ3y2L7

PEMEC(症候別救急疾患病院前救護)コース

PEMECは2017年に開発されコースをスタートしました。本コースでは、外傷や心停止を除く疾病を中心とした急病傷病者に対する病院前での観察・評価を標準化することを目的としています。
PEMECでは、病院前救護活動を7つのStepに分けています。生理学的微候の異常や緊急度の高い疾病を疑わせる症候を認め、内因性ロード&ゴーを宣言する必要のある傷病者を見抜く力、迅速な対応力を1日の模擬活動を通じて養っていただきます。
受講対象条件は、救急救命士以外に医師・看護師・消防職員・海上保安官・救急隊に準じた活動を行う業務に従事する者であること、またそれらの養成校の最終学年生であることです。

開催日時2024年7月20日(土)9:00 〜 16:00
会場カクイックス交流センター 4階 大研修室4(第4会場)
主催日本臨床救急医学会 PEMEC企画運営小委員会
時間 プログラム
8:45 〜 8:55 10 受講者受付
9:00 〜 9:10 10 オリエンテーション
9:10 〜 9:40 30 講義(PEMEC)
9:40 〜 10:10 30 デモ解説1・2
10:10 〜 10:20 10 休憩
10:20 〜 10:50 30 模擬活動練習
10:50 〜 11:20 30 模擬活動1
11:20 〜 12:10 50 昼食
12:10 〜 12:40 30 模擬活動2
12:40 〜 13:10 30 模擬活動3
13:10 〜 13:20 10 休憩
13:20 〜 13:50 30 模擬活動4
13:50 〜 14:20 30 模擬活動5
14:20 〜 14:30 10 休憩
14:30 〜 15:00 30 模擬活動6
15:00 〜 15:10 10 移動
15:10 〜 15:40 30 ポストテスト
15:40 〜 16:00 20 クロージング

民間救命士・民間MC 医師 指定基礎講習会併設コース

民間救命士、民間MC 医師認定制度とは

救急救命士が現場で実施する観察・判断・処置は年々拡大と高度化を続けており、すべての救急救命士は所属や業務に関らず、それに相応する知識と技能の具備を求められており、当認定機構は民間救命士の認定・更新制度を構築し救急救命士の質の担保をめざす。
また、民間救命士を利活用する際、民間MC 医師による指示指導・助言体制の確保と、事後検証や活動プロトコルの策定、継続教育の実施などの体制のもとに救急救命処置が実施されることが望ましい。当認定機構は民間MC 医師の指示指導・検証といった民間メディカルコントロール体制を構築するだけでなく、多彩な環境での活動など、病院前の状況を十分に理解した民間MC 医師を認定し、民間救命士の適正な活動環境の構築を目指す。

開催日時2024年7月18日(木)9:30 〜 13:30
会場宝山ホール 3階 第5会議室(第11会場)
主催一般社団法人 民間救命士統括体制認定機構
救急救命士研修・認定・更新委員会
受講料10,000 円
民間救命士、民間MC 医師 指定基礎講習会併設コース プログラム
時刻 時間 内容
(分)
会場準備
9:30 受付開始
10:00 10:05 0:05 主催者挨拶
10:05 10:35 0:30 講義1【民間救命士による院内・外における飛躍〜少子高齢化の近未来〜】
10:35 11:35 1:00 講義2【民間救命士におけるMC 体制とMC 医師の役割】
11:35 11:45 0:10 休憩
11:45 12:15 0:30 講義3【救急救命士法について】
12:15 12:45 0:30 講義4【救急救命処置の実施】
12:45 12:55 0:10 休憩
12:55 13:25 0:30 講義5【民間救命士の活動の実際】
13:25 13:30 0:05 民間救命士の申請方法についての説明と質疑応答(アンケートの案内)
13:30

<お問い合わせ>
一般社団法人 民間救命士統括体制認定機構 事務局 jimukyoku@abpmo.jp

JPTECブラッシュアップセミナー 2024

○早川 達也1,2
1 JPTEC協議会セミナー部会、2 聖隷三方原病院高度救命救急センター

まず、ポストコロナを見据えての座談会を開催し、地方指定組織の課題を共有しつつ、今後の活動展開について議論したい。
続いて、現時点の学術部会での検討事項を紹介し、今後、JPTECとして、病院前での外傷対応についての課題について提示したい。

開催日時2024年7月18日(木)13:00 〜 16:00
会場宝山ホール 1階 メインホール(第8会場)
主催JPTEC協議会セミナー部会

ICLSブラッシュアップセミナー

○日本救急医学会ICLS コース企画運営委員会 委員長 畑田 剛1
1 桑名市総合医療センター救急科

日本救急医学会認定ICLS(二次救命処置)コースは20年以上の歴史がある中でひとつの転換期を迎えている。特に近年の新型コロナウイルス感染症の流行は、人類にとって、そして蘇生教育にとって幾多のことを我々に考えさせ、経験させた。デジタル技術の普及、オンライン教育や遠隔学習が進化し、教育のアクセスや柔軟性が向上した一方、その課題も存在する。そして改めて、対面での学びや交流は、情報伝達だけでなく、非言語的なコミュニケーションの構築にも重要であることが再認識された。
現在は働き方改革による時間の制約により、蘇生教育やその指導者の養成が後回しにされる可能性がある中、組織内での意識啓発に加え、いかに効率的・効果的な学習プログラムや運営方法を導入し、また、その指導者を養成するかが今問われている。教育の格差や学習環境の不均衡による救命率の差が生じてはならない。
本セミナーでは、コロナ禍や働き方改革への対応の中から得た新たな教訓や発見について、参加者とともに考え共有し、対面での核心的な議論を通じてICLS の新たな未来を創っていけるようなセミナーとしたい。

開催日時2024年7月19日(金)9:20 〜 10:50
会場黎明館 2階 講堂(第13会場)
主催日本救急医学会 ICLSコース企画運営委員会
司会(座長):世良 俊樹県立広島病院
清水 隆文手稲渓仁会病院
演者:岸本 正文大阪府立中河内救命救急センター
伊藤 貴康岐阜大学医学部附属病院 医師育成推進センター
吉川 徹二蘇生会総合病院
笹本 浩平名張市立病院
宮道 亮輔自治医科大学
吉村 有矢八戸市立市民病院

RRS起動要素・対応要素研修コース

企画概要

RRSを容易に起動させるためには、多くの障壁が存在します。当コースでは、病棟のスタッフが、容易にRRSを起動できるようになるために、実際の症例ベースのハンズオン講習会の形式をとります。RRS起動基準によるRRSの起動、早期警戒スコアを利用したRRSの起動、その他の主治医との軋轢への対応、DNAR患者にRRSが起動された場合の対応などを、起動者、対応者の立場を体験し、ディスカッションしていくコースです。
当コースは臨床救急医学会患者安全検討推進委員会の主催するコースです。本コースの内容を網羅した書籍も学会に合わせて発売予定です。受講生は以下のリンクより申し込みください。参加条件は、当学会参加者(参加費支払い済み)であること、今回の受講生の定員は12 名といたします。
https://ssl.formman.com/t/An09
応募多数の場合は、同施設からの応募人数などを参考に選抜させていただき、受講決定についてお知らせします。
受講前のアンケート、e-learningを事前に受講いただきます。

開催日時2024年7月20日(土)9:00 〜 12:10
会場カクイックス交流センター 4階 中研修室3(第7会場)

◎オンデマンド配信について

準備中

◎託児所、クローク他

託児所

現地会場に託児所をご用意いたしますので、ご利用を希望の方は、以下のお申込みフォームよりお申し込みください。

【託児所開設日時】※予定
7月18日(木)12:00~18:00
7月19日(金)9:00~18:00
7月20日(土)9:00~16:00

【開設場所】
セキュリティ確保のため、お申込者のみにご案内いたします。

クローク

【場所】

  • 第1会場 入り口前(カクイックス交流センター 1F 県民ホール ホワイエ)
  • 第8会場 入り口前(宝山ホール 1F メインホール ホワイエ)
    ※貴重品、パソコン、傘は各自にて管理をお願いいたします。